"Das Beste oder nichts"

a0193641_354399.jpg
暫くぶりですが、車ネタです。




2010年に、バリ島へほぼ移住してからの2年間は、車はレンタカーで過ごしていました。

しかし、自動車関係の仕事をしていた、父の影響もあり、
物心付いた時から、メルセデスベンツ、W116というSクラスに始まり、
20歳の頃、W140を愛車にしてから、早13年・・・

90年代前半までのメルセデスの造り込み、物造りの考え方に触れてしまうと、
例え新車であっても、どうしても他の車では満足できず・・・。

そんな矢先、バリ島で、W124ミディアムクラスに出会いました。

87年・300E、143000キロ走行。
初期登録はジャカルタ、2オーナー。バリ島では希少なAT仕様。
2000年にバリ島へ輸入され、前オーナーが、94年モデルに内外装をリファイン。

異国、バリ島で見つけた、人生3台目のメルセデス。
購入後、1ヶ月間に約30箇所以上の整備を施しました。

基本設計&耐久性が、過剰なまでに優れていた時代のメルセデスは、
消耗パーツ交換等で手間を掛けてみると、現代のECOカーを超えた丈夫な革靴そのものです。

このマシンを身体の一部に、今後もより存分にバリ島で活動していきます。

当時、メルセデスの思想、「Das Beste oder nichts」・「最善か無か」は、
自分の仕事や、生き方にも常に考えさせられる、とても大切にしているフレーズです。

by yoshihisashinji | 2012-05-24 04:17 | Mercedes-W140/W124 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://yshinji.exblog.jp/tb/15391660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぷりん at 2012-05-24 07:31 x
 おはよ~うヽ(^。^)ノ
ん~カッコイイね~ 良いのもはいつの時代でも素晴しい!
shinji君のパートナーとなって124も幸せね(*^_^*)

帰国の際は 140でランデブ~しましょうね!
Commented by yoshihisashinji at 2012-05-25 03:04
☆ぷりんさん、ありがとうございます。

優れた道具は、やはり美しく感じますね^^

W124は、普通の中の極上だと思いました。
でもこういう車が、中々出来ないのですよね。。

さすが世界最高の実用車、とても素直な車で気に入っています^^

同時に、140の別格な造り込みにも惚れ直してしまいます^^*

ランデブ~是非!!
早く新東名も走りたいです♪
Commented by じっぽー at 2012-05-26 22:45 x
こんばんは。

初コメさせて頂きます。

某所にて「ぜぃ」というHNでお付き合いさせて頂いてます。

まさに別世界の124
羨ましい限りです。

ランデブーの後ろに着いていけるかしら・・・(笑)
Commented by yoshihisashinji at 2012-05-27 02:16
☆じっぽーさん、こんばんは!

初カキコありがとうございます(^^*
某所でもお世話になっております♪

お蔭様で、140よりも身のこなしが軽い124で、毎日楽しんでます。
本来ならじっぽーさんの様に、外装も前期オリジナルで乗りたいところです^^;

日本でのランデブー、ここ暫く140号に愛情を注いでないので、
後ろから叱られちゃいそうですが・・・(笑)

その節には、是非遊んでくださいねv(^^)v
Commented by OG at 2012-06-11 00:20 x
ご無沙汰です!
W124! 我が家も同じ年式の230TEに乗ってたので、懐かしい限りです。
当初、YANASEとしてはワゴンなど売れるわけ無いだろうとの予測から230のみの輸入だったんですよ。
アンダーパワーかと思いきやさにあらず、碓氷バイパスでも充分に速かったのには心底驚かされました。
92年までMaribaliさんが愛用してましたが、手放してしまいました。
今思い返してみても最良のクルマだったと断言できちゃいます。
Commented by yoshihisashinji at 2012-06-12 02:32
☆OGさん、ご無沙汰しております^^
そうでしたね~!
昔w124に乗られていらしたと、ヴィラでお話を伺ってました。あの日が懐かしいです♪
しかし同じ年式だったとは!
当時は、ワゴンでは230のみだったのですね。

こちらの300は、最初はバイクにも抜かれる?なパワーでしたが、漸く直6のフィーリングを取り戻してきました。
基本がしっかりしているので、パーツ交換でまだまだ実用に応えてくれそうです。
あとは南国の暑さにどこまで耐えてくれるかですね^^;